【勝てる!】ボートレース住之江競艇場の予想方法まとめ!

ボートレース 住之江 予想

ボートレース住之江競艇場の予想を立てる上で押さえておきたいポイントとは・・・

住之江競艇場は、言えばボートレースのメッカ!常に多くの競艇ファンで賑わいを見せています。

ボートレースで舟券を買う上でレース展開の予想は欠かせません。

そこで今回は「ボートレース住之江競艇場の予想のコツ」ということでご紹介していきたいと思います。

それではどうぞ!

 

スポンサードリンク


ボートレース住之江競艇場の予想のコツまとめ!

住之江競艇場と言えば、関西の競艇ファンなら必ず訪れていると言っても過言ではないほど、関西で競艇を語る上で欠かせない場所。住之江競艇場は舟券の売上高を見ても、トップクラスの実績を誇っています。

そんな住之江競艇場ですが、舟券を購入する上で、知っておきたいこととは何なのでしょうか!?早速ご紹介していきたいと思います。

1. 基本的には1コースが有利と見て良い

競艇は基本的に「イン有利」と言われていますが、住之江競艇場ではまさにその基本の考えが当てはまります。なぜなら住之江競艇場のコースにはこれと言って特徴がありません。

住之江競艇場はボートレースのメッカと呼ばれているぐらい、レース当日となると多くの競艇ファンで賑わいます。またナイターレースも行っていて、舟券の売上高も全国1、2を争う実績です。

人気のある競艇場であるがゆえに、あまりコースに特色を付けて、お客さんを呼ぶ必要もないのでしょう。他の競艇場では見かける「1枠にA選手、他はB選手」というような極端な枠組みがほとんどありません。

住之江競艇場は、全国の競艇場の中でも「1コースの選手が強い」ということで有名です。

ただし、夏場はエンジン出力の関係で、インコースの選手の勝率が若干下がる傾向にあります。冬場は冬場でエンジンとは別に、ホームストレッチで追い風となる北風が気になります。強い北風が吹いている場合、第1ターンマークの全速ターンは流れるので、“差し”が有利になる傾向があります。冬場でも油断せずに、風の強弱を確認することを忘れずにチェックするようにしましょう!

 

2. 消波装置が気になる・・・

基本的には上でご紹介した通り、住之江競艇場はインコースが有利です。ただ、住之江競艇場は消波装置を設置していますが、護岸までの距離も短く、波が消えにくいのが気になるところです。

第2ターンマークでは、スタート時にできた波がちょうど護岸に当たって戻ってくるタイミングに選手が通過します。エンジンにパワーがないボートは、引き波をスムーズに乗り越えることができず、ボートが暴れる要因となります。

なので、第2ターンマークあたりでは逆転劇が繰り広げられることがあるため、インコースと言えども注意が必要です。

スポンサードリンク


まとめ

ボートレース住之江競艇場の予想のコツ」ということでご紹介してきました。

住之江競艇では、1コースが舟券に絡んでくると考えておくとよいでしょう!

是非参考にしてみてくださいね!それではまた!

スポンサードリンク


コメントを残す