足し算で分かる!『ボートレース予想のコツ』は◯◯を計算!

ボートレース 予想 コツ

競艇(ボートレース)の予想のコツについてご紹介します。

ボートレースを楽しむファンであれば、誰でも『自分の予想法』を持っているのではないでしょうか。

最近ではインターネットで「競艇の無料予想サイト」などがあったりしますが、やはり自分で予想のコツを理解している人の方は強いですよね。

そこで今回は、
僕が日頃考えているボートレース予想のコツについてご紹介しましょう!

ポイントはスタートと1Mをイメージすることです!
それではどうぞ!

 


スポンサードリンク

【勝率を上げる!】ボートレース予想のコツはコレ!

ボートレースは「1Mが勝敗を分ける」と言われている程、レース展開の中で重要なポイントとなっています。ボートレースを予想する上でも同じことです。

競艇の予想にはいくつかの方法がありますが、今回ご紹介するものは、絶対に押さえておきたい「スタートの展開」と「1Mの展開」を予想するということについてご紹介していきたいと思います。

それでは早速ご紹介していきましょう。

 

展示タイムからスタートをイメージする!

ボートレースを予想する上で、スタートの瞬間をイメージすることはとても大切です。選手のスタートの良し悪しを予想することができれば、ゲーム全体の展開をイメージできることにもつながります。

スタートをイメージするために欠かせないのが『展示タイム』です。

『展示タイム』とは、周回展示2週目のバックサイド側、直線150mを測定したタイムとなります。タイムがよければ直線の伸びがあるということです。

展示航走が終わった直後に発表されるので、欠かさずチェックしたいところです。

 

出走表の平均スタートタイミングを確認!

次に確認したいのが、出走表の「平均スタートタイミング」の欄です。

「平均スタートタイム」とは、直近90日間のスタートタイミングの合計を出走数で割ったスタートタイムとなっています。

競艇においてスタートとは、とてもデリケートな瞬間でもあります。スタートタイムより早くスタートをした場合はフライングとなり、逆に1秒以上遅かった場合は出遅れとなります。

ボートレーサーにとってスタートのミスは命取りになります。レースで負けることはもちろん、ボートレースの組織のルールで一定期間給料がない状態にもなりかねません。

それぐらいボートレーサーにとってスタートの瞬間はとても重要であり、「平均スタートタイム」の指標はとても参考になります。

 

展示タイムと平均スタートタイムを合計する!

そこで、展示タイムと平均スタートタイムを調べたら、各選手の合計のタイムを出してみましょう。

合計したタイムが小さい程、1Mの到達タイムが速い選手です。

競艇では、0.15秒離れると1艇身差になります。レース展開で考えると半艇身差、つまり0.075秒差がつくとゲーム展開に大きく左右するでしょう。

展示タイムと平均スタートタイムの合計タイムが良い選手が、そのレース展開のカギを握ることは間違いないと考えられます。

 

合計タイムから見えてくるスタート隊形

さらに展示タイムと平均スタートタイムの合計から、スタートの瞬間の隊形も予想することができます。これを予想できれば1Mの各選手の入り方もイメージできることでしょう。

イメージする展開には以下のパターンが想定されます。

【横一線】
1、2号艇のイン有利。2、3着は接戦!?

【内へこみ】
まくり有利な隊形。アウトの選手が上位に食い込む可能性も!

【中へこみ】
まくり差しの可能性アリ!

【外へこみ】
イン有利でそのまま勝つ!?

これらはあくまでも枠なりのスロースタート3艇、ダッシュスタート3艇の基本的なスタートであれば有効です。

展示航走では見られなかったけど、本番になってスタートになってスタートの仕方が・・・なんてことも考えられるのであくまでも参考に!

スポンサードリンク

まとめ

ボートレースの予想のコツということで、「スタート展開」と「1Mの展開」をイメージするいうことにフォーカスしてご紹介しました!

「スタート」と「1M」の展開をイメージできるようになれば、競艇での勝率もグッと上がると思いますよ!

是非参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です