コストコ会員【解約による料金の返金はメリットよりもデメリットが恐い!?】

コストコ 会員 料金 返金

コストコ会員の料金が返金されるという話を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?

コストコ会員の料金は年会費で4,400円(税別)
決して安い料金ではないですよね。

このお金が返金される方法があるのです!

「コストコの会員になったけど、行くのは半年に1度ぐらい・・・」
コストコの近くに住んでいる人ならいいですが、
遠方に住んでいる方にはこのような方も多いはず。

そこで今回は、
コストコ会員の料金を返金してもらう方法!と題して、
ご紹介していきたいと思います!

実はコストコ会員の料金の返金には
メリットとデメリットがありますよ!

しっかりと押さえておきましょう!
それではどうぞ!

 


スポンサードリンク

コストコ会員の料金を返金してもらうメリット!デメリット!

コストコ会員の料金を返金してもらうということは、
つまりは、
コストコ会員を解約するということです。

どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

それではまずメリットからご紹介していきましょう!

 

会員料金を返金してもらうメリット

コストコ会員を解約し、
料金を返金してもらうメリットとは何なのでしょうか?

まず、
コストコ会員は1年間の契約となっており、
以後は1年ごとに更新していく契約形態となっています。

つまり、
解約し、料金を返金してもらうということは、
1年間の間に料金の返金を申し出なければなりません。

2月1日にコストコ会員になった人であれば、
翌年の1月31日までに解約・返金の手続きをしなければなりません。

コストコ会員である期間を過ぎてから
解約を申請しに行っても無効ということですね!

そして、
解約・返金のメリットはというと・・・

コストコ会員の年会費4400円と消費税が全額返金される!
ということ!

会員であったときに何回コストコに行っていても
1年以内に解約・返金を申し出れば、全額返金されるのです!

コストコの懐は深いですよね!
さすが外資系!w

日本の企業であれば考えられないことです。

そもそも、
コストコ会員には大きな2つの保障が確保されています。

①商品の開封後、使用後でも交換or返金OK!
②年会費全額返金OK!

今回のコストコ会員の解約に関しては、
2つ目の『年会費全額返金OK!』に当たります。

なので、
「コストコの会員になろうかなー」
「会員になって元取れるかなー」
などと考えている方は、
とりあえず会員になることをおすすめします!

話はそれますが、
1つ目の『商品の開封後、使用後でも交換or返金OK!』に関しては、
例えば、
フードコートでホールピザを買ったものの食べきれなかったという場合、
半分以上残っていれば全額返金してもらうこともできるんです!

それぐらいコストコでは、
“お客さま第一”に考えてくれているということなんですねー。

ますますコストコファンになってしまいますね!

 

解約・返金のデメリット

コストコ会員の解約・返金はメリットばかりに思われてしまいますが、
実はデメリットもあります。

それは、
会員の解約・返金を申し出た場合、
手続き完了後、
以後1年間は会員として登録することができない!
ということです。

これは同居している家族も含まれます。

年会費の4400円はたしかに手元に返ってきますが、
1年間は会員としてコストコへ行けなくなってしまいます。

コストコ通、
コストコマニア、
コストコファンの方には我慢できませんよね!

僕も我慢できない人の一人ですw

なので、
コストコ会員の解約・返金をする場合はしっかりと考えてから行いましょう!

スポンサードリンク

まとめ

コストコ会員の料金を返金してもらう方法!』ということで、
ご紹介してきました。

メリットもたしかにあるのですが、
やっぱりデメリットの方が大きい!

なんてったって、コストコに行けなくなるわけですから!
1年間我慢できる人は試してみてくださいね!

解約の手続きに関しては、
コストコ店内のメンバーシップカウンターで行うことができます。

手続き自体は5分ぐらいで終わりますよ!

それではまた!

スポンサードリンク

    ★コストコ通がオススメする人気記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です